モデルルーム「空気がうまい家」

 住研の新しいモデルルームが野津原に完成!!

top

音響熟成®木材

 『音響熟成』常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、じっくりと熟成乾燥させる方法。

 そのため木の細胞が破壊されることなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、 保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しいツヤも出てくるという、まさに「生きた素材」。

mokuzai

幻の漆喰®  

shikkui

『幻の漆喰』は言わば「天然の空気清浄器」。完全天然素材で安全な壁材。

 さらに「光熱触媒」の効果により、光が当たる場所だけでなく、暗がりでも温度と反応を起こし、空気中のゴミやホコリ、臭い、化学物質や有害物質を吸着・分解します。

竹炭入り清活畳®

 畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ『清活畳』は「保湿・断熱」「消臭」パワーをそのまま畳で実現。

 さらに、半永久的に発生する「マイナスイオン」は、自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進。リフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化などの効果があるといわれています。
アレルギー体質のお子様にも安心です。

 

tatami

 

「本当の健康住宅」

 花粉症やアトピーなど、何らかのアレルギーを持つ人口は3分の1以上ともいわれ、シックハウス症候群や化学物質過敏症も増えている現在では、食べ物や水だけでなく、家づくりにおいても「健康」を考える方が多くなっています。 ビニールクロスが主流だった壁は、和紙や漆喰・珪藻土などの呼吸する素材が増え、合板使用の新建材から天然無垢材の床が増え、化学建材から発生するガスをなくそうと、無添加で健康的な素材が選ばれるようになりました。

 しかし、「本当の健康住宅かどうか」の判断は難しく、「無添加」なだけでは健康な家とは言い切れません。 生活に必要な家具・家電・衣類などの必需品から、化学物質のガスが放散していることをご存知でしょうか? 新築に引越して、それらを無添加の家にいれてしまうとどうなるか……。 無添加の家は放散されたガスを吸収してしまい、今までと同じ不健康な家になってしまいます。

 では、どうすれば本当に健康な住宅をつくることができるのでしょうか? そのためには、様々なものから放散されるガスを「吸着し分解する」必要があります。そうすることで「本当の健康住宅」が生まれるのだと、私たちは考えています。

 

モデルルームはただ今見学受付中!

詳しくはコチラまで

住所:大分市大字野津原字中牟田9102

jpeg1


E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

TEL097-547-8070 


 

KAIKEN 空気がうまい家®の詳細はこちら